草刈りボランティア

 暦会館の敷地を、N.Eさんが草刈りをしています。雨の中、ご苦労様さまです。いつも、ありがとうございます。

大小君

大小君 について

始祖は江戸時代に入りユーモアを愛する町人文化の中で生まれ育まれた。 大小君は、江戸時代後期に誕生して、以後商家に愛され、数多くの広告媒体「紙」に登場するようになる。特に安政四年には刷物「少々算違い」で大活躍する。 明治以降は、出演依頼もなく、長らくその生死すら不明であった。しかし、近年地方の資料館に雇用されたと聞く。